【プロレス観戦記 vol.3】新日本プロレス「KING OF PRO-WRESTLING」2017年10月9日 東京・両国国技館大会【前編】

747
BULLET CLUB

こんにちは!Webデザイナー兼プロレスオタクの土橋です!

いや、プロレスオタクと言うにはまだ早い・・・プロレス好きにはもっと人生をかけてる猛者がいますからね。
真のプロレスオタクになるには行かねばならない場所があるのです。

そう、それが両国国技館!

今回は10/9の新日本プロレスのビッグイベント「KING OF PRO-WRESTLING」を観戦してきたので、感想を書きたいと思います。

両国国技館というのはご存知の通り大相撲の興行で使用されている会場です。正しい名称は「国技館」となります。相撲の他にプロレスやボクシングの興行にも使用されています。蔵前国技館を使用していた時代もありました。
両国国技館へ移った後にプロレスファンの暴動で一時期相撲協会から使用を禁止されている時期もありましたが、禁止が解除されてからは特に新日本プロレスがビッグマッチのメイン会場として使用しています。

初めての国技館

せっかくの大きな大会だし・・・ということで1階の升席を友人に予約してもらいました。
相撲中継で見るお客さんが座ってる席ですね。相撲だと座布団が敷かれていますが、第一回のG1クライマックスの優勝決定戦(蝶野正洋対武藤敬司)で蝶野選手が勝利した際にファンが座布団を投げまくったので、それ以来プロレスの興行では座布団は敷いてくれなくなったみたいです。

席から見た感じ↓

両国国技館の中

かなりいい席!残念ながら入場ゲート寄りではなかったですが、肉眼で十分見える距離でした。

席に着いたらビールと国技館名物の焼き鳥を食べます。

両国国技館のやきとり

焼き鳥というより煮物の感じがありましたけど、味は美味しかったです!

試合開始から終了まで大体4時間くらいだったでしょうか。
かなり長い方だと思います。正直、終盤の試合はお客さんにも疲れが見えましたね。笑

でも、さすが両国大会。対戦カードはどれも豪華でした。

では試合順に選手の写真を見ていきましょうか。

フォトギャラリー

目が光るオーバーマスクをかぶって入場するBUSHI

BUSHIの入場シーン
Photo by Takayuki Yamada

ディーバを2人引き連れて入場する高橋裕次郎

高橋裕次郎とディーバ
Photo by Takayuki Yamada

193cmのバッドラックファレのボディスラムをくらう高橋ヒロム

高橋ヒロムとバッドラックファレ
Photo by Takayuki Yamada

同じくバッドラックファレのバッドラックフォールをくらいそうになるBUSHI

BUSHIとバッドラックファレ
Photo by Takayuki Yamada

珍しくノータッチのプランチャを繰り出すSANADA

SANADAのノータッチトペコンヒーロ
Photo by Takayuki Yamada

猫のぬいぐるみ?のダリルと勝利を祝う高橋ヒロム

ダリルと勝利を祝う高橋ヒロム
Photo by Takayuki Yamada

ザック・セイバーJrに牛殺しを繰り出す後藤洋央紀

牛殺しを繰り出す後藤洋央紀
Photo by Takayuki Yamada

お決まりのYTRポーズを決めようとする矢野通とそれを阻止しようとする鈴木みのる

YTPポーズを決める矢野通
Photo by Takayuki Yamada

観客にアピールする田口監督

田口監督
Photo by Takayuki Yamada

同じく観客にアピールするタッグパートナーのリコシェ

リコシェ
Photo by Takayuki Yamada

コミカルな動きで相手の攻撃を避ける田口監督

田口監督
Photo by Takayuki Yamada

リコシェのシューティングスタープレス

リコしぇのシューティングスタープレス
Photo by Takayuki Yamada

IWGPジュニアタッグの王者となったRoppongi 3K

テンプラボーイズ
Photo by Takayuki Yamada

ハンソンと向かい合うGuerrillas of Destinyの2人

ゲリラズ・オブ・デスティニー
Photo by Takayuki Yamada

133kgのハンソンをキラーボムで持ち上げるKESの2人

KESのキラーボム
Photo by Takayuki Yamada

おなじみの傘を持って入場するマーティー・スカル

マーティ・スカル
Photo by Takayuki Yamada

リングにキスをするROH世界ヘビー級王者のCody

リングにキスをするコーディー
Photo by Takayuki Yamada

外国人レスラー人気No.1のIWGP USヘビー級王者ケニー・オメガ

ケニー・オメガ
Photo by Takayuki Yamada

あまりアピールできなかった次期IWGP USヘビー級王座挑戦者の吉橋さん

吉橋さん
Photo by Takayuki Yamada

常に観客を沸かせていたBULLET CLUBの3人

BULLET CLUB
Photo by Takayuki Yamada

前半戦の感想

いやー最初の試合からボルテージマックスでしたね。

普段の大会だと第一試合や第二試合は若手が中心だったりするのですが、この日はさすがに最初から豪華なレスラーが並びました。

第3試合で行われたIWGPジュニアヘビータッグ王座戦に「X」として名前が伏せられていた選手が、ヤングライオンとして海外修行に出ていた田中(SHO)と小松(YOH)だと入場時に初めて知らされた瞬間の盛り上がりは半端なかったですね。ただ、この試合で敗戦してしまったリコシェが試合後に新日本プロレスへの別れとも取れるような意味深なコメントを残しているので気になりますね。WWE移籍が決定したのではないかと噂になっています。

あとはやはり前半戦で一番盛り上げてくれたのはケニー・オメガですかね。YOSHI-HASHIさんがケニーのUSヘビー級王座に挑戦しますけど、正直Codyやマーティー・スカルといったケニー以外のBULLET CLUBのメンバーと比べてもちょっと・・・。まぁ、二人とも世界的に活躍してるレスラーなので当たり前ですが。Codyは今回初めて見れたのですが、生で見るとさらにカッコよかったですね。もっと新日本に上がってほしい選手です。

では、後半戦も後日アップしたいと思います!乞うご期待!

写真について

今回も友人にバシバシ撮ってもらいました。下記のサイトでかっこいい写真がもっと見れますよ。

Takayuki Yamada - Tumbler